News

news

Home > News
Sorry,This page is Japanese only.
平素より弊社子育てタクシーをご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
10月1日(火)より消費税率引き上げに伴いまして、タクシー運賃が改定する運びとなりました。
それにより、子育てタクシーのご利用料金も変更となります。ご利用いただくお客様には大変なご負担をお掛け致しますがご理解いただけると幸いです。
今後もご利用いただきますお客様にご満足いただけるサービスのご提供に努めて参りますので、変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

■料金改定実施日時
2019年10月1日を運行日付として出庫する車両より適用されます。

■料金改定内容
≪時間制運賃適用:1時間あたり11.5km未満のご送迎≫
(改定前)最初の1時間 5,680円 ※時間制運賃 4,650円+乗務員指定料 1,030円
(改定後)最初の1時間 5,750円 ※時間制運賃 4,700円+乗務員指定料 1,050円

≪時間制運賃適用:延長料金≫
(改定前)以後30分毎に 2,110円加算
(改定後)以後30分毎に 2,150円加算

≪メーター料金適用:1時間あたり11.5km以上のご送迎≫
(改定前)メーター料金(初乗り 410円~)+迎車料 310円+予約料 410円+乗務員指定料 1,030円
(改定後)メーター料金(初乗り 420円~)+迎車料 320円+予約料 420円+乗務員指定料 1,050円

≪チャイルドシート追加料金≫
(改定前)2台目以降1台につき 510円
(改定後)2台目以降1台につき 520円

≪キャンセル料金≫
ご予約時刻60分~30分前のキャンセル連絡
(改定前)2,110円
(改定後)2,150円

≪ご予約時刻30分を切ったキャンセル連絡/連絡なし≫
(改定前)4,650円
(改定後)4,700円


なお、距離制運賃や各種定額運賃、サービス指定料金等の変更につきましては、こちらをご覧ください。

26 Sep 17:40

お客様各位

平素より日の丸タクシーをご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
この度、2019年8月30日付けで関東運輸局長より、特別区・武三交通圏(東京23区、武蔵野市、三鷹市)における一般乗用旅客自動車運送事業の新たな公定幅運賃が公示されました。
これに伴い、日の丸タクシーにおきましても2019年10月1日(認可施行予定)の運行車両より、新たなタクシー運賃・定額運賃にて営業を行ってまいりますので、ご案内申し上げます。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

詳しい改訂運賃は こちら(PDF)

26 Sep 17:30

平素より日の丸タクシーをご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。

この度、お電話にて受付させて頂いていたご予約の受付を2019年9月30日(月)をもって終了とさせて頂き、ホームページからのご予約受付のみとさせて頂くこととなりましたので、ご理解を賜ればと存じます。 従いまして、予約センター(03-3814-1112)も廃止とさせて頂きますので合わせてご理解を賜ればと存じます。
また、ホームページからご予約頂くにあたり、タクシーご利用日の14日前からの受付とさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。



◆予約センター受付終了日時
2019年9月30日(月)、17:45をもって終了させて頂きます。

◆ホームページから受付日
タクシーご利用日の14日前からの受付とさせて頂きます。

なお、今すぐのタクシーご利用に関してましては、従来通りの電話番号(03-3814-1111)にて、変わらず承りますので、宜しくお願い申し上げます。

17 Sep 13:30

株式会社日の丸交通TokyoBayが、計画を推進していた新社屋建築についてお知らせします。
新社屋は現社屋から北西に約1キロメートルの江戸川区臨海町二丁目に、地上3階建の事務所棟と、計210台の駐車スペースの自走式立体駐車場棟の建築を行っております。
新社屋は2020年1月の竣工を予定しており、2020年内に営業所機能を移転する予定です。

【建物イメージ】
建物イメージ

【建築概要】
駐車場棟 事務所棟
名称 株式会社日の丸交通TokyoBay
住所 東京都江戸川区臨海町二丁目3番13号
敷地面積 2,347.28m2
建築面積 1,030.25m2 217.80m2
延床面積 4,063.96m2 653.40m2
構造 一般認定品連続傾床型 4層5段 重量鉄骨造 地上3階建
駐車台数 (187台+23台平面駐車)計210台
設計・施工 大和リース株式会社
着工 2019年4月1日
竣工 2020年1月(予定)

08 Aug 15:20

~空港リムジンバスと連携した都心部での自動運転タクシーサービス~

東京空港交通株式会社(以下、東京空港交通)、東京シティ・エアターミナル株式会社(以下、T-CAT)、日本交通株式会社(以下、日本交通)、日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、株式会社JTB(以下、JTB)、株式会社 ZMP(以下、ZMP)の7社は、東京都事業である 『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト※1』 に基づき、MaaS※2を活用して空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験を行います。空港リムジンバスと自動運転タクシーが連携したサービスは世界初の試みです。

日の丸交通とZMPと三菱地所は昨夏、丸の内エリアにおいてZMPが開発した自動運転車両を用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行させ、需要の多い都心部路線でのドライバー不足の解消等の活用策や、ICT技術を活用した配車サービスの有用性を検証いたしました。本年は、この取り組みをさらに発展させ、成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナルを結ぶ空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させることで、空港から都心部である丸の内エリアへのスムーズな移動を目指します。自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナル(東京都中央区)と丸の内パークビルディング(東京都千代田区)を結ぶ約3kmを予定しており、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供します。さらに、空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSという概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証も行います。

本計画では、モビリティの連携により、交通混雑解消や環境負荷の低減を目指すだけでなく、年々増加するインバウンド観光客の移動の効率化も期待できるほか、交通 動運転および複数インフラ連携を用いた本計画により、街における先進的な都市交通インフラの導入可能性を検証し、国際都市・東京の更なる機能向上を目指します。

日の丸交通とZMP、自動走行タクシーの配車を見据えた 配車アプリ開発で協業を開始

<実証実験の概要(予定)>
●実施時期/期間 :2019年11月/2週間
●自動運転タクシー走行ルート:丸の内パークビルディング(東京都千代田区)-東京シティエアターミナル(東京都中央区)間(約3km)
●自動運転タクシー車両:ミニバンタイプ(ZMP RoboCar® MiniVan)2台
●主催:東京空港交通株式会社、東京シティ・エアターミナル株式会社、日本交通株式会社、日の丸交通株式会社、三菱地所株式会社、株式会社JTB、株式会社ZMP
●利用方法:2019年9月頃、ウェブサイトにより利用者を募集予定

<本プロジェクトにおける各社の役割>
自動運転タクシー開発:ZMP
自動運転タクシー運行:日本交通、日の丸交通
空港リムジンバス運行:東京空港交通
施設提供:三菱地所、T-CAT
MaaSに適応した旅行サービス化検討・販売:JTB

※1 東京都 報道発表資料 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/...
※2 MaaS(Mobility as a Service)とは、ICT を活用して交通をクラウド化し、公共交通を含め、運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念です。

<本件に関するお問合せ先>
日の丸交通株式会社
担当:西川
TEL:03-3815-4992

25 Jul 12:00