News

news

Home > News
Sorry,This page is Japanese only.
いつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、DAY TRIP TAXI(長距離観光)の新コースとして、【山梨勝沼ワイナリー巡りコース】の販売を開始することとなりましたので、お知らせさせていただきます。

こちらのコースはワインの産地で有名な山梨県甲州市勝沼町のワイナリーをメインに巡るコースで、ワイナリーの他にもくだもの狩りや、大善寺や勝沼トンネルワインカーブなどの観光スポットなどもコースに設定することができます。エリア内でしたら自由にアレンジが可能ですので、お気軽にご相談ください。

また、8月・9月にお申込みいただいた方限定で、ワイン1本をプレゼントさせていただきます!
タクシーなら運転も気にせずお連れ様全員でワインを楽しんでいただけますので、ワイン好きの方、勝沼のぶどう畑に癒されたい方、まずはお気軽にお問合せください!
たくさんの方のご利用をお待ちしております。

料金など詳しくはこちら

『山梨勝沼ワイナリー巡りコース』販売スタート!

01 Aug 14:23

7月23日(月)15時頃よりシステムの通信障害のため、WEBサイトへの接続が不安定になっておりました。
現状、通信障害は復旧済ですがお客様には多大なるご不便、ご迷惑をお掛けしてしまい、深くお詫び申し上げます。
なお、システム障害の内容および、お客様への影響につきましては以下のとおりです。

1.発生事象
7月23日(月)15時頃から弊社WEBサイトにて障害が発生し、サイトへの接続が不安定な状況が続いておりました。※現在は復旧しています。

2.お客様への影響
・7月23日(月)15時頃 よりシステムの通信障害が発生し、WEBサイトがご利用いただけない状態となっておりました。
・7月23日(月)15時頃 よりWEBでご予約されたお客様への確認連絡メールの送信が不安定な状態となっておりました。

今回は想定外の障害が発生いたしました。今後はあらゆる障害を想定し、対応できる仕組みの検討および対策・導入を進めてまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧をいただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

23 Jul 22:00

日の丸交通では、2020年東京五輪を二年後に控えると同時に増加し続けている外国人旅行者の利用など、国内外の観光客へのサービスとして観光知識を有した質の高いサービスが提供できるドライバーによる観光案内を附加した観光タクシー業務を強化しており、この度、そのPRの一環として観光タクシー乗務員の制服を刷新しました。

専用制服はカジュアルなボタンダウンシャツとして、特筆は生地からオリジナル制作で東京五輪のロゴ意匠でもある薄いグレーのチェックを基調に、柄は雷門や富士山など東京を中心とした日本の観光スポットをアイコン13ヵ所、さらに、かもめや桜などのデザインアイコン5点を散りばめた完全オリジナルとなっております。
着用期間は5/1~10/31。尚、来期には日の丸自動車グループの全タクシードライバーに導入予定です。

プレスリリースはこちら(PDF)

21 Jul 11:00

日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)と株式会社ZMP(以下、ZMP)は、自動運転車両を用いたタクシーサービスの公道営業実証実験を、2018年8月27日にスタートします。三菱地所株式会社(以下、三菱地所)と森ビル株式会社(以下、森ビル)は、本実証実験の意義に賛同し、都心部における展開を実現すべく、車両の発着地として両社が運営する施設を提供します。尚、自動運転車両を用いたタクシーが公道にてお客様を乗せて営業走行を行うことは世界初の取り組みとなります。

日の丸交通とZMP、自動走行タクシーの配車を見据えた 配車アプリ開発で協業を開始

本実証実験は、ZMPの開発した自動運転車両と予約システムを用いて、日の丸交通が公道におけるタクシーサービスを実施するもので、実験の区間は大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ約5.3kmを予定しています。実験期間は2018年8月27日~9月8日で、利用者(実験参加者)は広く一般から募り、本日より専用サイト(https://www.zmp.co.jp/aidelitaxi)にて公募を開始します。また、本実証実験は、自動運転技術の実用化を一層加速するために東京都が本年度より開始した支援事業『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、国と東京都が共同で設置する『東京自動走行ワンストップセンター』の支援を受けて実施されます。

日の丸交通とZMPは、自動運転タクシーサービスの商用化を実現することで、交通混雑解消や環境負荷の低減を目指すだけでなく、交通弱者のサポートや慢性的なドライバー不足の解決も狙います。

三菱地所と森ビルは、総合ディベロッパーとして、未来の都市のあり方を提案すべく、最先端の研究機関や大学、企業都市・東京のさらなる機能向上を目指します。

<実証実験の概要>
●日時:2018年8月27日(月)~ 同年9月8日(土)9:00~17:00(予定)
※9月2日(日)を除く。天候や交通状況等により運行中止の可能性あり。

●実験経路:大手町フィナンシャルシティ グランキューブ~六本木ヒルズ間(約5.3km)のルート
※大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(住所:東京都千代田区大手町1-9-2)
※六本木ヒルズ(住所:東京都港区六本木6-10-1)

●運行車両:ミニバンタイプ1台 (センサー・PCを取り付けた自動運転実験車両)
●運行回数:1日4往復(予定)
●料金:片道1,500円(税込・予定)
●主催:日の丸交通株式会社、株式会社ZMP
●協賛:三菱地所株式会社
●協力:森ビル株式会社

●参加申込:
申込ウェブサイト https://www.zmp.co.jp/aidelitaxi
申込期間     2018年7月18日(水)11時30分~7月31日(火)18時00分
お問い合わせ   株式会社ZMP 自動運転タクシー実証実験担当 aidelitaxi@zmp.co.jp

●利用方法:
ウェブより申し込み後、抽選により予約可能者を決定します。予約可能者はスマートフォンで予約を行います。利用日当日に発車地にてご乗車、到着後決済し降車いただきます。
※運行回数に限りがあるため、当選した方すべてが希望の利用日時にご乗車いただけるとは限りません。あらかじめご了承ください。
※本実証実験は、車線変更や右左折、停止等をすべてシステムが自動で操作を行いますが、交通状況等により人が介入する場合があります。

【本件に関するお問合せ先】
日の丸交通株式会社
担当:西川
TEL:03-3815-4992

18 Jul 11:30

新会社 みんなのタクシー株式会社を設立
~ AI技術を活用した新たなタクシー関連サービスの創造に向けて ~

株式会社グリーンキャブ、国際自動車株式会社、寿交通株式会社、大和自動車交通株式会社、株式会社チェッカーキャブ、東都自動車株式会社、日の丸自動車株式会社、(以下、タクシー会社7社)と、ソニー株式会社(以下、ソニー)、ソニーペイメントサービス株式会社(以下、ソニーペイメントサービス)の9社は、ソニーが有する人工知能(AI)技術を活用した新たなタクシー関連サービス事業準備会社である「みんなのタクシー株式会社」を設立しました。
新会社は、タクシーの配車サービスや需要予測サービスに関する事業のあり方を検討する準備会社であり、2018年度中のサービスの提供開始を目指し、事業会社に移行する予定です。

現在、タクシー会社7社は都内最大規模の計1万台を超えるタクシー車両を所有しており、都内を中心に移動サービスを提供しています。ソニーは新会社に対してタクシーの需要予測などに向けたAI技術などを提供する予定です。また、タクシー会社7社は、会社の枠を越えて配車サービスなどを活用することで、お客様が必要な時に必要な台数のタクシーを用意できるようにするなど、お客様の利便性向上を目指します。なおソニーペイメントサービスは、新会社に対して決済代行サービスを提供する予定です。

〇新会社概要
社名:みんなのタクシー株式会社
本社所在地:東京都港区
代表者:西浦 賢治(ソニー株式会社)
株主:タクシー会社7社、ソニー及びソニーペイメントサービス
事業内容:AI技術を活用した配車サービス及び需要予測サービスなどの企画

新会社の提供するサービスは、参画を希望する全国のタクシー事業者が利用できるプラットフォーム上で提供する予定です。なお新会社は、1サービスからパッケージのワンストップソリューションまで、各事業者に即した複数の選択肢を準備する予定であり、より多くの事業者が参画できるプラットフォーム作りを目指しています。

【お問合せ先】
日の丸交通株式会社 グループ戦略室 担当:川崎
TEL:03-3811-1155
Email:r.kawasaki@hinomaru.tokyo

31 May 15:30